ORGANIZATION 同窓会組織

  1. HOME
  2. 同窓会組織
  3. 会長挨拶

第17代広仁会会長から皆さまへ

  • 令和元年(2019年)6月9日から広仁会会長を務めることになりました、昭和53年(1978年)卒の小林正夫(前小児科学教授)です。

    広仁会は昭和30年(1955年)に広島大学医学部医学科卒業生から発足しており、満64歳となりました。
    これまで16人の会長に引き継がれ、会員数約7,000名を有する伝統ある同窓会組織として発展を続けています。
    時代は異なりますが、広島大学医学部医学科で6年間を学び、同級生と当時の在学生をあわせますと、11年にわたる同窓で、楽しみと苦しみを経験した同士が、また次の社会で一緒に活動できる仲間組織です。
    最高齢は90歳を超えていますが、18歳からの会員が一致団結し、広島大学医学部医学科の発展に永遠に貢献できる強い絆に結ばれた同窓です。

    みなさんの進路、勤務先、居住地は異なりますが、広島大学霞キャンパスで学んだ思いは共通です。
    このホームページをクリックすれば、一瞬で広仁会の情報を入手できる出来る時代です。
    新しいニュースを絶えず更新していきます。特にFacebookをご覧になりながら、先輩、同僚、後輩とともに同窓として一緒に歩み、活動を行ってまいりましょう。
    なお、同窓会としての活動に対するアイディアを募りますので、忌憚ないご意見をいただけることを期待しています。

    令和元年7月記

    第17代広仁会会長
    小林 正夫(昭和53年卒)